FAQ

こちらではよくあるご質問に関してまとめさせていただきますので、ご参照ください。

ご相談にかかわること(About your needs)


Q1: 新築マンションを購入予定ですが、オプション販売でやっているような収納家具・置き家具・カーテンの相談はできますか?

A1: はい、もちろんお受けいたします。当社は独立性を保っているため、オプション販売とは異なり、幅広い商品の提案ができます。

Q2: 中古マンションを購入してリフォームを検討しておりますが、イメージが定まっていないため、うまくお伝えできません。どうしたらいいでしょうか。

A2: 大丈夫です。多くの方がイメージが漠然としているものです。私どもは、いくつかお客様に対して質問をさせていただいたり、雑談を通してお客様のご要望をおまとめします。また、過去の事例や参考写真を用いて、イメージを現実的なデザインに変化させます。 私たちは、イメージを必ず3Dパースもしくはフリースケッチで確認するようにしており、イメージ相違がないように努めておりますので、気ままにご相談ください。

Q3:現在住んでいるマンションは築年数が経っているので内装が古臭くなってしまっており、大型リフォームを考えております。幅広く事例をみていると、どの家も同じに見えてしまうことが多いのですが、御社がデザインで大切にしているところはどこですか?

A3:色々と研究なさっているのですね。同じに見えてしまう理由としましては、大手メーカーの規格品をそのまま利用しているので、デザインリフォームと言いつつも、同じような設備や建材が使われてしまうことが多いのです。私たちは、オーダーはもちろん、予算によっては規格品を組み合わせて他にない工夫をすることで、ユニークなデザインを提案いたしまうので、ご安心ください。

 

工事や現場にかかわること(About Construction and management)


Q6:在宅で間仕切りを変更するようなリフォームは可能ですか?

A6:全面リフォーム(スケルトンリフォーム)でない限り、可能です。Ⅰ期工事・2期工事と部分的に行う方法をとるので、ご希望を叶えることはできます。しかしながら、コスト・工期ともに、Ⅰ回で行うよりも負担が大きくなってしまう上、精神的にも決してよくはないので、できるだけ仮住いされることをお勧めいたします。当方で仮住い先を手配することは可能です

Q7:在宅工事の場合、荷物が多いのですが、どうしたら良いでしょうか。

A7:まずは事前に荷物整理をお勧めします。その上で、残すものに関しては荷物を移動しながら工事を行ったり、一時的にトランクルーム等に預けます。こちらでトランクルーム等を手配することは可能ですので、ご安心ください。

Q8:リフォーム中は、現場を確認したいのですが…

A8:はい。もちろん可能です。当社のスタイルは工事中数回に分けてお客様と現場進行を確認する日程を組みます。また、それ以外でも可能ですが、怪我の恐れもあるため、できるだけ職人が作業をしていない時間にお願いしています。

Q9:請負契約となっていますが、工事はどこの会社が行うのですか?

A9:当社はそれぞれの職人を手配し、現場で工事内容を指示・確認を行う責任施工管理をしております。営業・設計・現場の窓口は一つですので、
決定したことは確実に、そして何かあった場合にはすぐに対応できるようにして、お客様の不安を取り除けるように努めています。

Q10: 部分リフォームを検討していますが、不安なので、工事中の立会いを希望しています。
自分のやすみに合わせて工事いただくことは可能でしょうか。

A10:内容にもよりますが、続けて作業したら3日位の工事を3週に分けて立ちあえる日(例えば土曜)に工事を行うことも可能です。
ただし、その分時間と費用がかかります。またマンション等の場合、管理組合の規定で土・日・祝日は工事不可の場合もあります。

費用に関わること(About Cost and budget)


Q11: 大体どのくらいの費用が掛かりますか?

A11:  はい。目安としていただけるものをこちらにまとめましたので、ご参照ください。

 

その他もろもろなこと(About Things…)


Q12: ルコーデ・アーシ・エ・デコとはどういう意味なのですか。

A12:  はい。ルコーデは、Takenouchiが考えた造語です。
LE + CODE + T これをつなげてフランス語読みするとルコーデになります。どういう意味かと申しますと…
LEはCODEの冠詞(英語のtheですね)、TはTakenouchiのTです。
ドレスコード、ダヴィンチコード、コードブルーetcで使われているコードと同じ意味で、
「すべての物件にはTのルール/暗号が隠されている」という具合です。
アーシ・エ・デコは、archi et déco (建築とデコレーションという仏口語)
本格的なインテリアを作り上げるには、architectureとdécorationの両方への強い興味と深い知識が必要だと
私は小さな日本橋人形町で、ずーっと思っているのです。